アラフォーの婚活で年下か30代の同年代と結婚するには?

公開日: 

 

アラフォーの女性が婚活すると、どうしてみんな「年上」を選べと言うんでしょうね。

すでに結婚している友達の旦那さんはみんな友達と同世代なのに

自分だけそんな「おやじ」の旦那だったら恥ずかしいですよね。

アラフォーといってもまだ30代だし、年下の男性を狙っちゃいけないの?と思いませんか。

アラフォーの婚活で年下はあり?

婚活市場で、30代後半の女性は需要がぐんと少なくなると言われています。

30代後半の女性をスペックとして選ぶ男性が極端に少ないためです。

 

婚活中の30代男性は、まずは相手の条件を20代と希望し、それがだめならせめて34歳までという人が一般的です。

婚活で男性が求めるのは「健康な子供を産んでくれそうな」若い女性なんです。

もちろんすべての男性がそう考えているとは限りませんが、

お金を払ってまで結婚相手探しをしているということは、

「結婚しろ、孫を見せろ」ともしかしたら親からうるさく言われているのかも知れませんし

「既婚者」「家族持ち」という社会的ステータスを得たい思っているのかも知れません。

女性と同じように男性も希望がありますから。

なので、アラフォーの女性は一般的には、もっと年上の男性でないと条件的に望まれないと言われています。

この時あなたのルックス、見た目は二の次です。

 

40代以上になると

前妻との間にもう子供がいるとか、

子供は諦めているとか、

子供を産んでくれそうな女性を探す必要がない人が年齢と共に増えて来ますので

婚活をしている限り、

一般的にはあなたの年齢だと、年上の男性とマッチするのが当たり前と考えられてしまうのが当然のことなんですね。

ただ

過去の婚活パーティーで、他にも若い女性が参加しているのにあなたを選ぶ男性がいたという実績があるのだったら

それはあなた自身に魅力がある証拠です。

 

もしかしたらあなたが年よりもずっと若く見られているおかげかも知れませんし、

女性にリードしてもらいたい草食系だったのかも知れません。

そんなあなたには年下の旦那様をゲットできる可能性はありますから、次回はその出会いをうまく使ってお付き合いまで持っていけるように頑張りたいですよね。

周りがごちゃごちゃ言おうとも、是非交際を成功させてみんなを見返してください。
ただ早いうちに相手が本気か遊びか見極めるなど、かなり冷静にお付き合いを育てていく必要はありますが。
 
一方あなたがいくら希望しても年下からのアプローチが全くなかった場合は、
残念ながらそれが世間の評価だと受け止めなくてはいけません。

婚活をそのまま続けても厳しいでしょう。
 
いくら年下を希望しても、あなたを選んでくれる人がいなければ、勝負しようにもできませんから
婚活にかかる時間とお金をただ捨てているようなものです。
 
その場合、どうしても年下にこだわるのなら、婚活サイトや婚活パーティーではない、別の方法に切り替えるのも一つの手です。

30代が多い趣味のサークルなどはおすすめです。
 

参考記事

アラフォーでも自然な出会い。交際率高すぎの趣味はコレ

 

30代の同年代と結婚するためには

では30代後半の、自分と同世代の男性はどうでしょうか。

結婚している友達の旦那さんを見ていると、結構スペックが良かったりしますよね。

なんであの旦那さんのような人と婚活で出会えないのかと思いませんか。
 
確かに結婚している男性は、なんとなく素敵な人も多いです。

ただそういった人を婚活で見つけるのはたいへん難しいです。
 
それはなぜでしょう。

友達の旦那さんは、もともと「結婚できる」スペックをお持ちだったわけで、だから今現在結婚しているわけです。

婚活をそもそもする必要がない男性だったからだ、というのがひとつ。

もう一つは、若いときに結婚して、もうすでに何年も夫婦生活をされているのだとしたら、
結婚してから「理想の結婚相手」に成長した可能性があるからです。
 
やさしいとか、気遣いがあるとか、清潔であるとか、ファッションセンスがあるとか、お給料をちゃんとかせいでくるとか

それはまさに婚活で会いたい男性の「完成品」の域ですよね。
 
でもそれは、奥さんがいたからこそかも…

もしいま同じその旦那さんが、あなたの友達と結婚していないでずっと独身だったとしましょう。

そうしたら、いまほどステキな男性じゃなかったかもしれませんよ。

婚活している男性に、最初からその旦那さんのような人を求めていたら、いつまでも結婚できる人に出会えません。

同世代の男性を希望しているのだったら年齢以外の条件でかなり「妥協」が必要なんです。
 

アラフォーに婚活に妥協は必要

そのためには、希望する男性のスペックを下げることも必要になってきます。

収入

学歴

身長

家族構成

など、色々条件があるなか、あなたが「これだけはどうしても譲れない」というものだけ残し

ストライクゾーンを広くしてください。

「私は生活に困窮するような生活はイヤだ」というなら、経済力を最優先。

「ルックス面がどうしても重要」なら、性格や収入面で妥協が必要な場合もあるでしょう。

今までこだわっていた条件をいくつかなくしてみるだけで分母が大きくなりますから、それだけ出会いは増えます。

まずはそこから再度スタートしてみるのがおすすめです。

 

まとめ

ここでの話はあくまで一般的な婚活市場では、のお話です。

世間では年下の男性と結婚するアラフォー女性もいらっしゃいますし

健康な赤ちゃんを産んでいる女性もいらっしゃいます。

あまり婚活だけにとらわれず、やはり趣味や友達の紹介といった別のルートからの出会いも視野にいれられたらと思いますよ。

応援しています。


婚活EQ診断

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑