婚活パーティで成功するために最低限守りたい話題のルール

公開日:  最終更新日:2017/07/26

yada-yada-1432921_640

 

パーティーに参加する機会も多くなる婚活。

 

初対面の人と何を話すか、って気を遣いますよね。

 

 

今日は、相手の人に失礼にならないためにも、
自分からは触れないほうが身のためという話題についてお話しようと思います。

 

 

タブー1|容姿について

かつらについて、以前記事にしたことがありますが、
容姿は、初対面の人へは避けたほうがよい話題です。

 

私は女性にしては背が高いほうで、子供のころからそのことについては
非常にコンプレックスを持ちながら育ちました。

 

という上の文章を読んで、いま

なんでコンプレックスなの?って、一瞬不思議になりませんでした?
逆に背が低いとコンプレックスなんだけど・・・って?

 

 

いーえ。

 

 

中学校で男子に「でっけー」とか、
社会人になってからも会社の社長に「電柱みたいだな」とか
見知らぬ人から電車のなかで、頭からつま先までじろじろと見られたあげく「でかっ」。

 

そんな経験を毎日ではないものの、背が高くなりはじめた中学生ごろからずっと耐えてきた人間にとっては

 

「背が高いですね」
「何センチあるんですか」
「バレーボールでもやってたんですか」
「モデルさんになったらよかったですね」

 

は、褒め言葉にまったく聞こえません。
塩を傷口に塗られているようなものなんです。

 

もうアラフィフですので、顔には表わしませんし、ちゃんと受け答えしますよね。
人間関係は大事です。

 

何センチと説明し、バレーボールじゃなくてブラバンでした、と言い、モデルになるにはもっと美人じゃないと、と笑い
ええ、ええ。ちゃんと会話として機能はさせておりますが、心のなかでは

「またか・・・・」と、盛り上がった心も、しゅるしゅるしゅるとしぼみます。
そして、「容姿を話題にした人」としてカテゴリーわけして、重要度「低い」のファイルにしまいこんでしまう、、、かも知れません。

 

 

違う例をだしましょう。

 

八重歯=かわいい というイメージが最近また復活してきたといいますが、
「八重歯ですね」と男性の方から言われたとします。

 

女性が八重歯を自分でかわいいと思っていれば、褒め言葉として(実際には褒めていませんけどね)受け取りますが
昔から歯並びにコンプレックスを持っている女性だったら、
歯の話題を出されて、すごくいやな気持ちになります。

 

 

このようにひとりひとりが、何かしら身体的なコンプレックスは持っていて、
でもそれは他の人からみたら、なんでそんなことを気にしているのだろう、と理解できないかも知れないし、逆に素敵に見える(背が高いなど)、うらやましいな、という気持ちがあるからこそ、「背が高いですね」となり「八重歯ですね」という発言になるわけですが、

 

 

それ、地雷ですから(笑)。

 

 

気をつけましょう。

 

 

タブー2|収入について

 

女性が男性に、婚活パーティーだからといって、ずばり収入は?と聞くのは

「そりゃまずい」でしょう?(笑)

 

逆に収入や資産を初対面の人に自慢するような男性も、ちょっとあれ?と思って注意しておいたほうがいいかも知れません。

 

もちろん、女性としてはお相手の収入はもちろん知りたいですけど(笑)、資産家だったらなおさら(笑)気になりますが

 

例えば逆に、自分が持ち家があるとします。

 

別に言っても構わない情報で、話題のなかで出てくれば知られてもいいと思っている程度のことでも、

初対面の男性から、「え?何坪くらいなんですか?土地単価は?名義ってあなたなの?」って聞かれたとしたら

 

え?私の資産狙われてる?と、引きませんか?

 

 

男性に対しても同じこと。

 

あってその日に女性に収入のことを聞かれたら、「お金目当てかな?」と思ってしまったとしても、無理はないですね。

 

 

タブー3|住居地

 

ときと場合によりますが、個人情報を聞かれてあまり心地のよくない人もいます。

 

駅名とかも教えたくない場合もあるのは、もしかしたら以前いやな目にあっていて、慎重にならざるを得ないとか。

単に初対面には教えたくないと思っている人も大勢います。

 

ぜったいに話すなというわけではないのですが、

 

「どのへんにお住まいなんですか?」と最初のジャブを繰り出したときに、うまくかわされパンチが返ってこなかったら、
もしかしたらその話題は避けたいと思っているかも知れないと考えて、話題をかえましょう。
逆に自分の住んでいる地域の面白い話題をとりあげてもいいと思いますよ。
美食家だったら、美味しい地元のレストランのお話でも乗ってくれるでしょうし、本が好きそうであれば地元の雰囲気の良いブックカフェなんかの話題でも。
もしかしたらその話題がきっかけで、デートに繋がるかも知れません。

 

 

まとめ

ここで3つ避けたほうがよいとされる話題をあげましたが、結局は婚活パーティーでは、話題も含めてお相手を判断できる場です。
まさか下ネタをいきなり出してくる人はいないでしょうが(笑)、自分でも気をつけ、相手の話す話題にも、アンテナをはっておきたいものですね。
あまり聞き手ばかりにまわらず、相手が話したいなと思っているような話題が出たときには、さりげなく質問をしたり、お話を促してあげると印象アップにつながります。

 

関連記事:  「また会いたいと男性に思わせる」超簡単な婚活テク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. ひつじ より:

    なるほどと思わず読み進めてしまいました。面白いブログですね。またきます。

    • 絵理 より:

      ひつじ様
      ありがとうございます。また何か感想がありましたら是非おきかせください。
      めぐ絵理

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑